広告
未分類

どこの空の下

どこの空の下 今どこにいる、終着駅は   ?「井の中の蛙大海を知らず」類は類を呼ぶ、類は友を呼ぶ。 人生を長く生きると不思議なことに気がつく、少年の頃は悪戯坊主の考えが分からなかったのに歳を重ねて彼らの悪戯領域… もっと読む どこの空の下

未分類

武道家の佇まい

晴天続きの不快指数、夏の風物詩とはいえ耐えられぬ、そこへ爽やかな風が吹いてきた、故郷の友から「逢えるかな!」との連絡だった。 約束の時間、約束の場所で落ち合った、彼は夫人同伴だったが、奥様は別の用で その場を空けていた。… もっと読む 武道家の佇まい

未分類

天使と女神

天使と女神 歯に不都合が生じたので歯医者さんに行った、先般、ご紹介した美人の歯科医師の天使さんのいる医院である。 診療台に座ると間もなくにこやかに天使さんが声をかけて来た、得もいえぬ笑顔に心も晴れる。 私が以前イガグリ先… もっと読む 天使と女神

未分類

世界 その動向

令和の時代に入って日本は楽観ム-ドに包まれているが、 日本から一歩外に視線を向けると危機迫る難問が立ち塞がって 居るのに気がつく。 米朝し切り直しは硬直状態だが、アメリカとイランの雲行きが 怪しいと思っていた矢先、米中貿… もっと読む 世界 その動向

未分類

天が泣く

天が泣く 自然が人間の余りの横暴に怒り心頭に達している、どこを向いても利己主義の自分ファーストに呆れ返って怒涛の鉄槌を下そうとしている。 「おのれー!  人間の分際を忘れやがって  !」  … もっと読む 天が泣く

広告