広告
人生

朝夕の寒さから

朝夕の寒さから 朝夕の寒さから一転、汗の滲む暑さに身体が順応できない、 「暑いな、肌着一枚余分だょなあ!」 そう呟きながら待ち合わせのカフェーコーナーに出向いた。 40才後半に手の届く壮年男性2人、楽しい活気のある会話が… もっと読む 朝夕の寒さから

人生, 行政書士

若さと無茶

若さと無茶  思い出探しの一端ではないが、仕事に追われて振り返る余裕がない筈なのに、何故か記憶の底から甦える思い出がある、それも苦い反省を伴って。 今であれば冷静に対処できる事ばかりなのに、人を傷つけ、人を泣かせた愚直な… もっと読む 若さと無茶

人生, 宇宙

思い出巡り

歳のせいか、人の好き嫌いがなくなって来た黄昏どき、それに比例して今まで出会った人々の面影が浮かんで来る、 思い出巡りに出発するか! 人生の幕引きがジワリと迫ってくる予感、 「そうかい、いいよ!」 そのように私は受け取って… もっと読む 思い出巡り

友情, 日常生活

虚脱感etc

虚脱感 日々の生活が余りに忙しいとその忙しさを通り過ぎるとその反動で思考が緩慢になる、一種の思考停止、神経が緩むと私は形容している。 たまにはそれもいいか、ポケっとするのも神経の洗濯だね、ズル休み、良いんじゃない !  … もっと読む 虚脱感etc

人生

虚脱感

虚脱感 忙しい仕事が止まる事なく押し寄せてゆっくり思案の時間さえ取れなかった3月、私の誕生月だった、懸案の確定申告もどうにか間に合ってホッとしたところだった。 しかし、数件の申請案件は、気長に待ってはくれない精神的に肉体… もっと読む 虚脱感

日常生活

白衣の天使

白衣の天使 私にとって切っても切れない大事な人たちである、私の人生に常に寄り添い常に力づけてくれた人達である。 時には先生そして母親、時によると恋人と大切な任務に励む人たちである。 私が黄泉の国へ旅立つ時、わずかな彼女達… もっと読む 白衣の天使

広告