世界

仏の顔も

仏の顔も三度まで 「仏の顔も三度まで」とは、  どんな温厚な人間でも何回も無礼なことをされると怒り出す。 どなたにもそんな経験はおありでしょう、もちろん私にもあります、唯、歳を取るほどに、経験を積むほどに、怒り… もっと読む 仏の顔も

人生

良い出会いを 

人事の季節、社会一般的からすると2ヶ月ほど遅いがある組織では今その渦中にある。 「Sさん! 誰々さんはどう言う人ですか?」と問い合わせの電話が来る、個人情報との兼ね合いもあるが、差し障りのない程度に私が承知している範囲で… もっと読む 良い出会いを 

友情

虚無感 我は

虚脱感   我は 青空さえも虚しく感じる 仲良しの友の死は 虚無感に苛まれて連休を終えた。 ただボォッと 友の言葉を追いかける 甘平のお礼の返事に 回復への意気込みがあったのに。 それから僅か後 予期せぬ友の死… もっと読む 虚無感 我は

人生

穏やかな春日和

穏やかな春日和 穏やかな春日和南予路は程よい車両の列が連なっていた、A工務店の営業社員K君の運転技術は同乗者の健康に配慮して満足のゆくものだった。 車窓から流れる風景は我が青春の残り香を脳裏に蘇らせた、K君との掛け合い漫… もっと読む 穏やかな春日和

広告