世界

歴史の転換点

歴史の転換点 貧乏に育ちながらも、不平不満を人のせいにしない、成長の糧として来た私に現在の日本人のエゴは理解できない。 何かあると自分たちの無能無策を恥じないで政府のせいにする政治家、国民の為に必要な報道はしないが不必要… もっと読む 歴史の転換点

世界

封鎖解除

封鎖解除  世界が中国武漢コロナウイルスに目を取られている隙に世界で何が起ころうとしているかご存じだろうか   ? そもそもこのウイルスは偶発的なものなのか、それとも恣意的なものなのか、お花畑花盛りの… もっと読む 封鎖解除

行政書士

真面目こそ極意

真面目こそ極意 長年仕事をやっているといろんな出来事が起きる、頼られないのも困るが頼られ過ぎるのも荷が重い。 私たちの仕事はある意味総合プロデューサー的な面がある、主役がいて、脇を固める貴重な準主役がいる、その他大勢の大… もっと読む 真面目こそ極意

男のロマン

男のロマン 何億と資産を構える事業家がいる、一代で築き上げた人である、複雑な家庭環境から80になったのに孤独を囲っている、初めて出会ったのが40年前寡黙で腰の座った印象が残っている。 風雪は不思議な再会をシナリオに書き添… もっと読む 男のロマン

人生

陽光きらめいて

陽光きらめいて 鬱陶しい雨が何処かへ行ってしまったのか 窓を開ける今朝の空は青空が広がっていた。 コロナに明けコロナに暮れる今日この頃は 嬉しいことよりも悲しいことの方が多い。 気分一新これから山あいの谷川のせせらぎを … もっと読む 陽光きらめいて

世界

天罰の名のもとで

冷たい雨が志村けんさん始め武漢ウイルスによって命を絶たれた物言わぬ人々の想いを代弁するように静かに泣きながら土に帰っている。 思いもよらぬウイルスのために突然死出の旅に出た人々の慟哭が余りに切ない、誰が  ? 何のために… もっと読む 天罰の名のもとで

広告