雑談

池波正太郎 男の作法 彼に重ねて

懐かしい友からメ-ルが入った、長年のわずらいで体の自由も
ままならないが、家族の支えの元 日々頑張っている。
言葉のひとつひとつは力強い、近い内訪ねることを約束した。

大学はキリスト系大学、その為でもないが人格は誠に聡明な紳士
で、私とは何故か弧線が響きあう、まるで兄と慕ってくれている
ようである、季節に届く新米が彼の家族の暖かさを偲ばせる。

難病の床にありながら世の中の不条理に不満のひとつもこぼさない、
今は亡き温厚な両親に育てられた彼の環境がそうさせたのだろう。

やさしいご両親だった、見習うことの多いお父さんとお母さんだった、
私の人間関係はこのような慈愛に満ちた人に恵まれた、その反面悪に
立ち向かう硬骨漢との友情も育んでくれた、だからSはどんな人間か
判らないと不満をいう友も居る。そういいながら友情の続く不思議?

人間、男冥利につきる ?

「Sさんの言葉はキツイ !」 この指摘を胸に刻んで日々歩んでいる、

外国との関係になると謙虚は通用しない、「引けば押せ 押せばなお
押せ 倒すまで!」 自爆史観の反省がこれである。

「泣かぬなら 灰にしてまえ ホトトギス」 
そんなことがあってはなりませぬぞ ?

鬼平犯科帳の池波正太郎
男の作法 食卓の情景 今一度 目を通してみたい。

「剣客商売」無外流の達人 老剣客 秋山小兵衛 いい男は 風情がある。

池波正太郎 男の作法 彼に重ねて” に3件のコメントがあります

  1. 杉の子さん onecat01さん こんばんわ。

    こちらの窓から参りました。
    杉の子さんのお歳がやっと判りました。ビートルズのメンバーのお一人と同年輩と書かれていました。
    杉の子さんのご紹介の映画や音楽は、その10分の1位しか知りませんが、重複していることから、もしか
    して?と思っておりました。とっくにonecat01さんはご存知だったのでしょう。
    それにしても、若々しいエネルギーに過日コスモスか60代?!と書いたのも無理からぬことでしょう?

    今、コスモスが通う教会でいろんなことがあって、多忙にしておりました。
    60歳の女性の牧師様で、昔の大女優の風格があるような美しい人です。昔、暴走族だったらしくて
    颯爽としたバイク姿の写真も見ました。
    onecat01さんと杉の子さんの対話から、そしてお書きになります事柄から、これまで筆舌に尽くせない
    思いををされていたのだろうと、それも女性のコスモスからはかろうじて垣間見るだけなのですが
    お察し致します。

    これまでの経験が豊かで幅広いから、皆様が付いて行かれるし、男惚れするのだと思うことです。
    コスモスの父のことを書いて恐縮ですが、父は海軍の軍人でした。日清・日露戦争で戦った父でした。

    幼いながら、防空頭巾を被って逃げ惑う時、父の姿を見つけると絶対大丈夫だと安堵したものです。
    杉の子さんのブログを読ませて頂くたびに、父の懐に飛び込んだ安心感を思い出します。
    病人ばかりの中にいると、ついつい心細くなるのですが、お二人の姿から日本はまだまだ捨てたものでは
    ないのだと嬉しくなります。

    それから、onecat01さん、ブルーハイビスカスは商品名で、どう見ても紫ですよね。沖縄にあるヒスイカズラ
    のような変わった色もあるようです。
    バラはバラらしいバラにはなかなかお目に係れません。暑すぎるのか直ぐに開いてしまって、バラ園に行きも
    しましたが、写真もバラらしくありません。この地域では土もままならず、諦めております。
    猫庭のバラの名前を検索しては創造逞しくしております。

    長くなりますが、梨木さんの書物は市の図書館からの取り寄せになり、待たねばなりません。
    楽しみに待つことと致します。

    沖縄へ来た時にコスモスを指導して下さる「師」が、一言「ただただ学ぶだけである」と仰いました。
    学ぶ場があることに感謝です。
    今、嫁さんが帰宅しました。本土系列の会社で土・日・祝日と休みですが後は残業が続きます。
    夕食はコスモスも主婦になります。
    杉の子さんはもうお帰りでしょうか?9時になります。
    では、また参りますね。

  2.  コスモスさん。お早うございます。

    爽やかな朝です。私はあなたのコメントを、待っておりました。感無量です。

    だから、もう一度ベッドへ戻ります。二度寝です。

  3. コスモスさん、onecat01さん、
    いつもありがとうございます、昨夜は、夜なべしていた為ご返事できませんでしたお詫び申し上げます。
    眩しい陽の下、1時からの打ち合わせの間、車の中よりご返事差し上げております。

    想像より年寄りで落胆したでしょう? ご同情申し上げます、onecat01さんは、勿論お見通しですよ。

    きつい陽射しが降り注いでいます、必死に生きる小動物たちの息づかいが聞こえて来るようです、
    わずかなひと時の命、大自然の壮大な営みを感じられずにはいられません、「少しでも長く生きて欲しい」

    お父様、海軍の軍人さんでしたか、祖国の為に本当にご苦労様でした、それを聞くと私の胸はグッときます。
    ご苦労されたでしょうね、凛々しい軍服姿が浮かぶようです、先人に敬意を表せる日本の国にしなくては
    いけませんね。

    時間が迫ってきました、一旦 失礼いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です