広告
思い出, 雑談

シルエット

シルエット
抜けだるい陽気の元、一仕事終えた私は駐車場で一息入れていた。土木会社の重機が暑さに音を上げるように喘いでいる、車を乗り降りする人もうんざりの態で汗を拭っていた。

時計は正午を指している、風邪気味なのに私は夏の装いに着替えた、袖先の露わになった腕が爽やかな風に酔いしれる、気持ちがいい!

ぼんやりと周囲の風景を追う私の目に、何かが動くのが見えた ?それは、爽やかに躍動している、少年が何事か動いている姿形だ!

見たことのある白い半袖シャツの少年の横顔 ?
手には古くなったグローブとボールが握られてブロック塀にむけて投げられていた。

小学5~6年生かと思っていたが3~4年生のような気がして来た、暑い陽射しも気にならぬようにブロック塀に向かって投げている、一人で遊ぶボール投げ、相手はいないのかい ?

その横顔を見て私はハッとした ! 長男のTの姿だった、どうしてここに、どうして今頃 ? 幼き日の我が子の姿がそこに在った、何と淋しそうなんだろう ?

しかし、それ以上の表情はうかがい知れない、

それも、やがて動きを止めて、片手で帽子を脱いでこちらを向いた、そして、にっこり笑うとペコンと頭を下げたのである。

「ありがとう! お父さん !」彼の口元はそのように語っていた、日頃、会話の少ない親子である、私は、親として尽くしてやれなかった過去を引きずる男。

頬に涙が落ちた、目尻を濡らす我が悔恨の涙、苦労かけたもんな !

突然!クラックションが鳴った! 工事現場のトラックだった、昼休みを終えた社員が午後の仕事に戻ったのである。

「ああ! 悪い、」慌てて我が車を動かせた、ふっと我に帰って先ほどの息子の姿を追った !

あの陰際のブロック塀に誰もいなかった、息子のシルエットは消えていた、

午後の陽だまり、私は思わず辺りを見渡した、静まり返った駐車場に、5月の陽射しが降り注いでいた。

親と子のキャッチボール、後悔に胸痛む息子のキャッチボール、

シルエットは息子のそんな想いを伝えていた    !?

 

シルエット” に1件のコメントがあります

  1.  杉の子さん。

     息子たちが幼かった頃、仕事が忙しく、ほとんど遊んでやれませんでした。
    昔のアルバムを見る時、後悔の念に駆られます。

     ご長男のシルエットには、そんな私の思いと重なるものがありました。
    切ないですね・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告