人生

黄昏に  萌ゆ

黄昏に 萌ゆ 木枯らしが遠慮気味に吹いていた、襟を立てる人々に気兼ねして、ここ大阪は友が骨を埋めると決めた街、中学を卒業して集団就職列車の旅は心細かった。 ガラス窓から後ろに消える街のたたずまいが切なかった ! これから… もっと読む 黄昏に  萌ゆ

広告