広告
未分類

事の発端

戦争への発端

恒常的に不法侵犯を繰り返す自称大国のC国だが、果たして彼らのドス黒い地球制覇の野望は実現するのか   ?それを分かりやすく説明出来るのは、あの義和団事件の欧米との55日間、歴史は繰り返すの例えもある、謙虚に振り返るのも関係国にとってけして無駄にはならない。

時代背景とあの時と比べモノにならないC国の軍産台頭が逆に身を誤らせる元凶になる可能性は排除できない「驕る平家は久しからず」彼の国に似た例えがあれば幸いだが  ?

アメリカ伝統の挑発に乗った感の彼の国外交トップ、後々語られる歴史の筋目になるような気がするが。

ここまで来れば、日本無事平穏の楽観論は捨てた方が良い、米中とも一戦覚悟の様相を呈しており欧米運命共同体の覚悟が顕になって来た、日本の国会は如何に狭量な論戦かと匙を投げる国民は多い。

だが、今回の危機は、肝心の台湾が死活問題になりそうである、共に引けない大国の意地   !

核拡散の世界情勢が不気味な陰を落とす「或いは  !   もしかして  ?」

それでも突き進む両大国なのか、「歴史の賢者か、最低の愚者か  ?」

周囲の国々が共に頭に血が登らないことを祈りながら、冷静な落とし所を見つけて欲しいものである。

バランスのとれた理性ある強国の仲裁に期待したいのだが、その列強ほど傍観を装い漁夫の利を狙うから世界の悲劇が終わらない。

恫喝の言葉が増える、いずれにせよ、今の状況に傍観者はあり得ない  !コウモリ(バァト) 国家ほど潰され、歴史から淘汰される、それが読めない指導者を頂く国家ほど哀れなものはない。

日本には海を隔てた身近なお手本国家がある、侵略者であり勝ち馬に乗りたい愚者、

世界の安息は、大乱か小休止か ?  先の読めないジレンマほど息苦しいモノはない、誰か助けて  !

それとも「どうにかなるさ?どうにかなる   !」行く時も帰る時も皆一緒 !

最後まで身勝手な傍観者でいますか、緊急の危機に事勿れほど国を誤らせるものはない。

政治よ !  矜持を取り戻せ  !  決断は「イエス! NO!」  で明快に    !

世界の悲劇 事の発端      !?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告