政治

従軍慰安婦問題 河野談話の検証

これほど日本国を貶める卑劣はない。

外交摩擦があろうとも末代に渡って汚名を残さないために
検証はすべきである。

アメリカのスタンスもおかしい ?

同盟国といいながら態の良い江戸時代の参勤交代ではないか、
自衛隊の戦闘機及びイ-ジス艦等、法外な値段をつけて日本に
売りつける、国の財政を切迫させて日本に余力を与えない。

まるで江戸時代の徳川幕府の諸藩への締め付けを彷彿させる。

「立ち上がるな日本、戦前回帰は許すまじ」
韓国の執拗な日本攻撃は、果たして独自のやっかみから出る
だけなのであろうか ?

アメリカの意を受けた小舅の嫁イビリ、在日米軍を瓶の蓋と
評したが、まったくそのとおりである。

今までは上手に糊塗してきたが、オバマ政権になって稚拙な
政権運営の中で見えてきたアメリカの鎧の下。 本音なのか。

他の小国の同盟国であろうと、アメリカに物申す時代である、
日本も、自分の考えをハッキリ言ったらどうだろう ?
世界に開かれた言動で意思表示をすれば良い。

何らかの意志が働いて日本の指導層が暗殺されることが有ったら
それは同盟国アメリカの本音と意志で行われたと世界に知らしめる
事になる。

暗殺が怖くて追随するだけの政治家なら、初めから政治のヒノキ
舞台に出るべきではない、
気骨有る愛国者が、是々非々物事の言える人間が政治を司れば良い。

不道徳な志で舵取りをしてもらっては困る。

自分の国は不透明な軍拡に血道をあげる中国、他国の防衛装備には
文句をつける、こんな身勝手はない、政府はもっと声を上げて反論
すべきである、ストップをかける政治家がいれば、それがたとえ
政権与党の政治家であっても、週刊誌その他正当なマスメディアに
リ-クして国民の前に引き出せば良い。

売国マスコミは握りつぶすだろうから真に国を憂う声に委託すれば
良い。
諸悪の根源 河野談話は再検証すべきであり、本人に証言させる
べきである、反対する理由はない。

そうすることが日本再生の道であり、
子孫への力強い応援歌に為り得る。

従軍慰安婦問題 河野談話の検証、ひるむことはない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です