雑談

母の涙 旅立ち 秋雨

母の涙 旅立ち 
ある仕事をされている50代の奥さんがいらっしゃいます。

朝からの雨で集金に回られるのは大変だと思いお電話した、
「家に来られても留守しています、度々来られるのはお気の毒
ですから何処かでお渡し致しますよ ?」

恐縮されたが待ち合わせ場所を聞いてお会いすることになった。
町中のお寺の境内だった、広い駐車場には2台の先客が居た。

お相手は雨の中、傘をさしてお待ちになっていた、
この9月末は奥さんにとって嬉しい日の到来なのである、
ひとり息子が研修期間を終えて実社会への旅立ちの日である。

重要な職責で、荷は重いが社会のために尽くすことに為る、 
「所属部署はどこに配属になりましたか?」
そこから話は始まった。

大学を卒業する息子さんの話を聞いたのが始まりだった、
就職が決まり研修の日々を控えていた、偶然私の知り合いが
その会社で研修部門を受け持っていたので早速お願いした。

人つながり、人と人の縁は善意にこそ花開く、自分だけの
殻に閉じこもっていては、運命は開かれない。
研修期間が終わって第一線に配属されたのである。

明るいお母さんに似て、きっと良い男に違いない、それまで
大手スーパーでアルバイトをしていた、この経験も必ず実るに
違いない、女手一つで育てた自慢の息子である、孝行して
くれるだろう。

詳しい事情は判らないが、離婚されて苦労しながら子育てに
涙した女性 (ひと ) のようである。
お母さんは息子さんのプライバシーも語ってくださいました。

足元を見つめ、しっかりと人生を歩んだ人は、神々しい、
「笑う門には福来たる」 この言葉がピッタリの女性である。

与えられた仕事、職場の不満など一切言わない心やさしき母、
この母親に育てられた息子である、職場でも同僚、上司に好か
れる男になるだろう!

昨夜も東京から素晴らしいメールが届いた、
「ご厚意はありがたいですが、自分の求める道を頑張ります、」

「いつの日か、銀幕に 君の名前を見れる事を期待します。」
わたしは、そう返事の最後に結んだ。

世界の最先端分野で日夜奮闘する親友の息子である。

東京は、涙で霞んだ恋しい街、女性との叶わぬ恋の未練街。
切ない言葉で結ばれていた。

秋の雨は、孤独な想いをさらに締め付ける、人恋しい夜は、
虫の音にさえ、弄ばれる、雨よ、シトシト降る 秋雨よ !?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です