雑談

見て見ぬ振り、それは、卑怯という名の無責任。

見て見ぬ振り それは悪い事をする者よりも尚悪い。
何故、困った人のために正そうとしないのか、
何故、待て! 止めよ!の制止の言葉が出ないのか。

被害者の悲しみに思いを致さないのか・・・何故 ?
敗戦国は魂までも戦勝国に蹂躙されてしまったのか。

あの時代、見下げていた国までも高飛車に文句を言う、
先祖を侮辱され国のために殉じた人までも足蹴にされ、
そんな国に誰がした、何故立ち上がろうとしないのか。

はるか南の島沖縄、そこに見るおぞましい住民運動に
沖縄を愛する民の沈殿した怒りを感じてならない。

されど何故、理不尽に、
向わないのか、マスコミの欺瞞を正そうとしないのか、
悲しみの島、耐えて来た歴史にその源があるのだろう。

足元から飛び立った鳥達よ、
狭い島国からさらに狭い基地の島へ向ったふるさとの民よ、
この鳥達がいつの日か沖縄の矛盾を解き明かすことを願う。

私が尊敬する人達がいる、その沖縄、
基地の人々と笑顔をかわす人たちである、
弱者に手を差し伸べる日の到来を祈っています。

声を出すだけが運動だとは思わない、
多数の無言を強いられる人々の心を私は汲みたい。

報道の自由
それは知らせる自由の裏に、知らさない自由が存在する。

見て見ぬ振り、初めから見ないのでなく諦めるのではなく、
目を見開いて真実に答える勇気を持って欲しい、

あなたの為に。

見て見ぬ振り、それは、卑怯という名の無責任なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です