雑談

その政治姿勢に  すべてが現れている  日本をどうしょうと?

近年の政治問題から始まって一般社会の出来事を見ると、
日本の歴史上、内政問題は別として外国との関係においては
戦争時に匹敵する危機的状況を迎えているのではと危惧する。

まず、国民の愛国心が危うくなっている、帰化人を含めて
角界各層に浸透した人間たちによって、日本古来の道徳心に
培われたアイディンティティが心もとなくなって来た。

それは、予想以上の早さで国民全体を蝕んでいる、国民が
今一度胸に手を当てて知らなければならない現実と事実、
国会での政治家の対応に残念だが見事に現れている。

自民党政治が長く続き政治家としての資質が緩んだ事で
国民の反発を招き、民主党政権が誕生した、それは熱狂的な
期待感と熱気に包まれて発足した。

私の周囲にも、自民党にお灸を据えると野党に投票した人間が
多くいた、しかし結果は多くの期待と願望を裏切るものだった、
極論は、日本は外国の侵略を許すところだった、危なかった !

今、民主党から民進党に党名変更した民進党の皆さんは、過去の
教訓に学ばなければならない、

今現実問題として身に迫っている北朝鮮危機、それ以上に危機的
状況は尖閣諸島に触手を伸ばして野望をあらわにしている中国の
存在である。

日本が今まで安全に高度経済をもたらしたのは、日本国憲法
とりわけ9条ではあり得ない、ひとえに自衛隊と日米安保の御蔭
なのである。

それを邪魔して離反させようとするのが無知を上手に利用された
芸能人に見る御花畑人間である、

私が自民党でないと日本は持たないと確信したのが今回の北朝鮮
危機、特に核とミサイル恫喝に対する共産始め野党4党の無関心、
それに警鐘を鳴らす議論さえこれら野党にはない、何故なのだ ?

それどころか、法に触れない最小な事象をさも大変なように騒ぎ
立てる様、偏向メディアを取り込んでの狂想曲に、彼らの真意を
見たからである。

何故今、森友か? 加計か? 恥を知らぬ文科省元官僚なのか ?

北朝鮮とアメリカとの微妙な関係に依っては、核攻撃は現実の
ものになる、それへの備えを、対応を、何故しないのか ?
ここに、言葉と裏腹に過去の政権時での売国具合が蘇るのである。

日本などなくなれば良い! 日本は潰れろ ! 海の藻屑となれ ?
まさにこのように言っているに等しい !?

反日国家が 敵視政策をやめない限り、日本の政治から自民党を
なくしてはならない、政権の主軸に据えなければいけないのだ、
そんな観点からも東京都議選を見る必要がある。

私ごとになるが、不遜な輩は手段選ばず相手を攻撃する、無知な
人間に、その善悪を見抜く眼力はない。「悪貨 良貨を駆逐する」

女性のあだ花、綺麗事に騙されてはならない、東京都民よ !?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です