雑談

あかね空  苦は楽の種

冷気が事のほか厳しい、
暮れなずむ空は雨雲が覆いかぶさって合間に見える
薄青空が悲鳴をあげているようだ。

「待ってろよ !」
師走の慌ただしさに自然現象に目を向ける人も少ない。

日々多忙、更に急がされる仕事の重圧も受取り如何で
快感に代わる !

最後のお歳暮の手配が明日で終わる、
「もう気を使わないでください!」 
善意の宅配便を迎える度に、私は正直そう思っていた。

甘えるだけでは礼儀を失する、その都度御返しを心掛
けるのだが、何せ数が多すぎる、ゆえに悲鳴となる。

感謝と共に付き合いの大切さを感じてはいるが、それも
この歳になると、荷が重い。

現役を退かないと無理だろうな ?

竹馬の友、Sが新しく会社を立ち上げる、相談を受けた
ばかりだが、彼の気迫に影響を受けて、私のリタイアは
少しだけ遠のいた。

暮れなずむ空、西方にあかね空が見えて来た、
世界情勢の混沌と共に、私達の日常も予断が許されなく
なって来た、備え有る人はいかほどいるだろうか ?

私の身辺も公私共に多忙になって、うれしい悲鳴を挙げて
いる、

辛い別れが有ると、反面、新たな出会いも有った、
多事多難だったが良き出会いももたらされた、これも人生。

明日も、 忙しい 感謝ですよ !

苦労は、楽の種ですから、 そう思うと人生 事の他楽しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です