日常生活

そこのけ花粉症  伊予の一本道

会いたい人がいるのに花粉症のせいで会えない、
これなど体の不調よりも何倍も気持ちが滅入る。

鼻水が止まらないので逢えませんではカッコが悪い、
だから連絡さえ、事情の説明さえも言い難い !

こうして、Sは、不誠実と思われるかもしれませんが、
元気を取り戻してお会いすれば誤解も解けるだろう?

しかし、仕事での関係はそうはいかない、それゆえ
マスク姿が多くなった、この歳になって花粉症とは、
先日も主治医に笑われる。

「Sさん元気だもの、誰かさんがヤキモチ焼いて悪戯
しているんですよ? その内治りますよ !」

そばの看護師さんがクスッと笑った、しかめ面の診察室
で医師と患者の漫才は稀 ?

(まあ!良いとするか、愚痴が出るのも生きてる証拠?)

そういう事で元気を出して隣町に繰り出す、仕事の打ち
合わせ。

「ああっ! しまった ?」
次回の歯医者の予約日が、大事な取引と重なっている事に
気がついた、どうしても外せない、

早速電話して午後のある時間に変更してもらった。
「やれやれ !」

パソコン疲れで目もショボショボ ?
青空のもと、依りに依って檜の花粉を浴びて走ります、
天邪鬼の真骨頂 「刃の下に極楽あり !」

いじめっ子に、私はわざと向かいます、
「どれがどうしたの ? 何か気に入りませんか、伺いますよ」

青空街道、伊予の一本道、桜吹雪を浴びながら・・・だぜ !

くよくよ、するなって、悩んでどうする、成るように成るさ!
人生一度きり、だったら楽しく行こうぜ  !?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です