行政書士

人の世の憂いをなくせ 男なら

雨の日曜日になりました、
昨夜の花火大会は雨が激しくなって気の毒でしたね、
楽しみにしていた市民の落胆が目に見えるようです。

約束の午後、とある場所で大事な相談事がありました、
予想に反して重苦しい秘め事を彼は私に吐露したのです。

個人の相談事で終わりません、弁護士が介在しなくては
ならないほどの重要案件でした。

ということで週明けにも敏腕弁護士に相談することに
話はまとまりました。
以下省略。

次に大事な財産の事で相談を受けました、
高価な買い物とその手続きに関しての打ち合わせ。

細かく丁寧に説明した結果、納得いただいて私の調査に
入ります。
これも週明けには方向が決まると思います。

その後は、明日市外へ車を走らせることになるため給油と
車の手入れ、「高速を走るのでタイヤ圧も点検してよ?」

馴染みの若い従業員から気持ちの良い返事が返ってきました、
明日は北へ 明後日は南へ 司法書士との同行 道行き!?

「発車! オ-ライ!」  相合傘とはこれ如何に ?

夜帰ると、別の件で大事な報告がなされていた、
時間も遅いので、明日の連絡と手配をいたします、追って
ご返事を致します、メ-ルにてご返事を差し上げる。

考えてみると、せっかくの日曜日も仕事の延長だった、
まあ、いいか! 困った人を助けるということは賽の河原に
ひとつひとつ徳を積むことでもある。

大切な人がひとり亡くなっている案件である、それを思うと
気が重いが、心して取り組む所存である。

弁護士の顔が引き締まるに違いない、
「Sさん、やりましょう!」 気合のこもった回答が返るだろう。

「人の世の憂いをなくせ 男なら、貴様の心意気 役立てよ。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です