広告
日常生活

おもいやり

おもいやり 

午後の昼下がり、陽だまりの中に一服の涼を取る、眩しい陽光がパソコンの操作の後には目にしみる。

見事な土曜日、先週は雨で尚且つ愛犬がマムシに噛まれたことで大変な土曜日になってしまったが、お陰さまで今日は晴れやかな気持ちで迎えることができた。

まさにもうひとつの土曜日、浜省の気分を味わっている。

何かと気ぜわしい世の中に呆然としながらも涼を求める人々の胸の内、各人との会話の中に切なさが伝わってくる。

しかし、世界情勢に目を向ける人は一握りという現実に一種の戸惑いを覚える、隣の人は何する人ぞ   ?

個人個人の佇まいを見ると、世の中の動きがわずかながら見える、マスコミ報道の良し悪しで、視界を削がれる我々。

アメリカ発、湯水のような報道も今回は国民の覚醒に繋がった、マスコミ無用論が巷で流れる始末である、どこへ行く業界人よ !

自由を謳歌する民主主義の特典も実は危険をはらんいる世界だという事実、その暴露に身の毛がよだつ !幻と思った妖怪達が市民生活の中に潜んでいだという危うさ !

人情が廃れたという現代だが、私に関して言えば良き友人知人に恵まれた方である、中には世間に相容れない偏屈人もいるのだが、おしなべて世間に同化した常識人間が多い。

それだけ人間関係に恵まれた人生を送らせてもらっている、先般の犬騒動にしても、関わる友人の優しさを再認識した次第である。

「思いやり !その優しさ」に、生きる勇気が湧いてくる、ただ、気をつけてもらいたいことは、善意の隣人ばかりではない、悪人のいる現実も心しておいてもらいたい。

「海千山千」の経験者の私でも、心の底までは覗けない人がいる、闇を抱えた人もいる、それは捜査機関に委ねるとしても全てを把握しきれない現実である。

おもいやり、なんと優しくも暖かい言葉だろうか   !

苦労しただけに、肩をすくめる人に、嘆く人に、注いであげたい人の情である。

それらの通じない人のいる現実が侘しくも悲しい   !だからこそ、人と人の思いやりが嬉しいのです             !?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告