広告
世界

欲と道徳心

正義と邪悪の戦い

今世紀最大の争いに決着がつくか、民主主義の座が揺らがないか、全体主義の動向とアメリカ合衆国の未来が問われている。

アメリカ大統領選挙の結末はマスコミやその他の邪悪の思惑どおりになるのか、又は別の局面に入るのか、予断を許さない。

各方面の識者たちが独自の情報を元に解説している、私はそれを注視して見守っている。

近日来、あれほど不正がなされた、不正選挙と名指しで俎上に上るのに、その候補者陣営始めマスコミからの明快な指摘はない。

今回の選挙ほど、アメリカ及び日本のマスコミ業界の信頼感の凋落、信用失墜をもたらせたことはない。

ハーバード大学の教授が手厳しいが真っ当な意見を述べている、「マスコミが当落を決める権限はない !」 まさにその通りである。

何が正義か、誰が嘘をついているのか、アメリカの良識が結論を出すはずである、それにしてもアメリカ、日本のマスコミの報道姿勢は醜かった、マスコミの衰退に拍車がかかるだろう   !

世界の常識はどんな答えを出すだろう、それはアメリカ民主主義の基幹が揺るぐか揺るがないか、最大の試練に直面している。

アメリカの混乱に乗じて大国と言われる国が不穏な動きを見せ始めた、その最悪の時に、日本の政治の能天気は救いようがない、特に野党に至っては何をしょうとしているのか、国防を第一に備える時にである。

「どうぞ好きにしてください  !」日本侵略を狙う反日国家に、まるで献上するかのように、国民には見える。

自民党よ! 腰を据えて憲法改正へ覚悟を固めるべきである。

大乱の世、乱世  !  日本は未曾有の危機に直面している、取り返しのつかない政治の愚と怠慢   !  先の大戦の比ではない、日本の消滅をも覚悟すべき事態である。

自衛隊員の覚悟に想いをいたす事である、私達も共に戦います、あなた方を見殺しにはしません、これこそ日本男子ではないか、心せよ  !

正義をなくした国は持たない、今回のアメリカ大統領選挙は人間の本質が見事に現れている、

欲の前に道徳心までもなくしたのだから             !?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告