思い出

故郷は遠きに在りて思うもの がんばったね

先日に引き続いて畑の草刈りをしようと準備していたら、
懐かしい同郷の後輩から電話がかかってきた、
私が子供の時代から親しくしていた家の末っ子君だった。

特に彼の亡くなった長兄は私より4級下で、よく遊んだ
男だったが、若くして体を壊して病院で亡くなった。

親しい経営者の喫茶店を指定して落ち合うことになった、
彼は駐車場で待っていた、
10年以上会っていなかったので頭には白いものがちらほら
見えていた。

名の有る企業で頑張っている、笑顔の爽やかな男である、
マスターが静かな個室を用意してくれていた。

「A君、幾つになった?」
「ハイ、来年定年になります・・・」

彼は、兄二人、姉二人の末っ子、母親の面倒を最後まで
見て、母を先に亡くなっている父親の元へ見送った。

その彼の家の墓地は、私の父母と同じふるさとに在る。

話は多義に渡って終わることを知らなかったが彼の携帯は
彼を離さず頻繁にかかって来た。

関西の大学で知り合った四国の女性と結婚した、
長女は、航空産業の花形企業に就職して外国で出会った
企業戦士と結婚した。

関西のある都市で落ち着いた家庭を築いている、
一流企業に居た娘のお陰で外国旅行はフリーパスだった
ようである。

彼の小さな頃は村全体がそうであったが、とりわけ彼の
家は貧しかった、しかし、めげずに生きた人間は強い。

彼をマスターに紹介したが、既に彼は奥さんとこの店の
常連だったことが分かった、彼の答える表情が爽やかだった。

又逢いましょう、
亡くなったお母さんの仏壇に御焼香に伺いたいと思います。

A君、君にとって故郷はどんなところですか ?
彼の家は、現在他人のものになって、畑に姿を変えている、
ふるさとは遠きに在りて思うもの、童心の昔帰らずや !

店を後にする戸外は、さんさんと陽光が降っていた、
良い日だったね、思わぬプレゼントの一日でした。

私を可愛がってくれた彼のお母さんが黄泉の国から微笑んで
いるような気がしてならなかった。

見上げる空は、柔らかな陽射しと、たなびく雲の晴れ間を
見せて、昔を懐かしむように暖かく見守っているようだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です