雑談

男の我慢 恩讐の彼方

胸のつかえが取れた、それは長年胸に引っ掛っていた義憤、
「この〇〇 !」

誰も同意せず、誰も反対した人選だったのに、私だけが彼を
指名して男にしてやろうと思った、それなのに  なんだ !

しかし、男は何かに怯え私の推薦を辞退した、理由と裏腹に
私にはその腹の中は当に分かっていた。

ところが、そんな私の漢義を理解せず、彼は 依りによって
してはならない不義理をして仕舞った。

「〇〇野郎!」
若い頃なら、地べたに叩きのめす程の怒りだったがグッと腹に
堪えて我慢した。

一番それを願ったのは彼であり、その願望を私に訴えたのは
彼の後輩だった「一期で良いから〇〇さんを〇〇にして欲しい!」

飲み会の度、私に訴えた、それなのに、推薦した私を裏切って
相手候補を応援した、更に許せないのは候補者を連れてお願いに
回ったことである。

悪いが方言で述べてみる ?
「〇〇ついとるか ? おのれ !」

これを、男の風上にも置けぬ 奴、と言う !
しかし私は惨敗の屈辱の中で男の裏切りに激怒したが、グッと
我慢した、苦節◯年・・・
男の値打ちが、時代とともに変化していることを悟った。

久しぶりに顔を出した、今回の懇親会は今までの罪滅ぼしに
出席した、懐かしい顔顔顔 ?

しばらくして私の席に大柄の男が立った、あの彼だった、
その口から出る言葉は思いもよらぬものだった、
「申し訳け・・・・・・」 真摯な言葉が続いた、

彼の性格は既に知り尽くしている、彼のこの歳月も後悔の
月日だったことを知った。

私はそれだけで良いと思った、過ぎ去った過去は帰らない、
怨念で生きるよりも、綺麗さっぱり屈辱の歴史にさよならを
するべきだと思った。

たくさんの友がビールを注ぎに来てくれた、本来考えられぬ
男達も寄って来た、勇気のいる事だったであろう ?

次代を背負う、私と戦った側の男達である、彼等の時代が
そこに来ている事を私は察していた。

男を捨てるな ! 嘘をつくな ! 人を貶めるな ! エトセトラ ?

頃合いを見て、私はそっとその場を後にした。
夜風が心地よく頬を撫でた !?

「懇親会でゆっくり話をしよう」と約束していた人がいた、
しかし大事な用件のため途中退席していた私を、帰ったと
早とちりした人は、懇親会を後にしていた。

「しまった !」
大事な人との約束を忘れていた。

数時間だったが、ちいさなドラマも生まれた、
「ええっ!」 なつかしい思い出の町がオ-バ-ラップした、
足跡を刻んだ人達があの追憶の彼方から蘇えったのである。

男の我慢  恩讐の彼方  それらの言葉が頭をよぎった。

男の我慢 恩讐の彼方” に7件のコメントがあります

  1.  杉の子殿。

     きっと私なら、怒りを収めきれず、再び顔をあわせるものかと、歯ぎしりして日々を暮らしたことでしょう。具体的なことは分からないとしましても、貴方が乗り越えられた怒りの大きさを、推し量ることはできます。
    やはり貴方は度量の大きな方で、克己心の強い人だと、感服せずにおれません。このブログは、杉の子道場を飾るものであると思います。これぞ男だと、見習わずにおれない武道家の姿ですね。

  2. onecat01さん、

    コメントありがとうございます。
    男とは、何と辛いものよと、なんど歯ぎしりしたことでしょう、これが外国との問題なら引くはずもない。
    引いたら負けの外交でないところに、男の我慢、辛抱がある、男とは、無言で「巻藁叩くホトトギス」

    余裕のある方が、引いてやろう、いつでもやれるじゃないか男道 ( かっこつけるとね ? 笑い・・・) ね。
    そう言うところで手仕舞いです、今後ともよろしくお願い申し上げます。

  3. 杉の子さん
    onecat01さん   おはようございます。

    杉の子さん、夜も遅くまで起きて居られるのに、朝も早くてびっくりしています。
    すっかり、ご無沙汰してしまいました。
    愛媛から報告がそろそろ?と思っておりました。レオさんのジャガイモも食べられるのを
    待っているのでは?
    5月はなんだか訳がわかんないような日々を通り過ぎて、いよいよ6月・・・気を引き締めて?!
    もうこれ以上引き締められないようにふくよかになり過ぎのコスモスは、名前を返上しなければ
    なりません。植物のコスモスではなく、宇宙のコスモスでありたいですが・・・
    お二人の広い広い空と海原のような包容力にはとっても憧れますね。
    女々しい(アッ!女性でした)コスモスはお二人の中に割り込んで参りました。

    onecat01さんには、ただそっけないアドレスを入れただけで、本当に失礼なコスモスですが
    どうぞ杉の子酒場でのお喋りをお許し下さいませ。
    お世話になりました、亡き人への法要がまだまだ続いておりますが、一応行事から脱して
    ほっと一息ついております。
    今朝は「元気です」のご報告まで致します。
    また、ビールを飲みに参りますね。

  4. コスモスさん、
    この海を眺め、この花々を見つめて、あなたはアスファルトロ-ドを走る。
    沖縄の景色に溶け込んだ天真爛漫なコスモスの花が幸多かれと謡っている。

    レオさんと違った癒しの写真に、あなたのやさしさが溢れています、
    深水さんとの会話の傍でにこやかに微笑む人がいる、それはコスモスの花。

    望くんの健康回復と、家族の皆様の笑顔が返ることを祈っています。
    耳をすませば 挿入歌 カントリーロード 爽やかな歌声ですね。

    私は、一夜限りの  
    ♪ カントリー・ロード オリビア・ニュートン・ジョンを送ります。

  5. 杉の子さん  onecat01さん、

    ブログへご訪問ありがとうございます。

    杉の子さん、カントリーロード聞かせて頂きました。
    とても元気が出る曲で、好きな歌です。

    孫の望のことも有難うございます。
    「ただただ神の御業が現れる為である。」と聖書に書かれていますので
    杉の子さんの言葉を天からの祝福の声と思い、家族と乗り越えて行きたいと思います。

    11時になりました。お休みなさい。どうぞ良い夢を!

  6. コスモスさん、
    ご返事遅くなりました、

    家族の選んだ応援歌 グリーングリーン(green green) 懐かしい歌ですね、
    どこで、どの場面でと、ちょっと思い出せませんが、印象に残っている歌です。

    カントリーロードのオリビア・ニュ-トン・ジョンがザ・ビ-トルズ、マッカトニ-の
    The long and winding roadを唄っています、別ブログに載せています。

    歌は、その時々の思い出をつれて蘇えります、歌の日記帳と言うべきでしょうか !?

    お孫さん大事になさって下さい。

  7. 杉の子さん おはようございます。

    こちらこそご返事が遅くなりました。東京から京都へ転居したのが、25歳の頃でようやく
    ビートルズやジョニーミッチェル、サイモンとガーファンクル等の音楽に触れるように
    なりました。私だけではなく、あの頃のフォーク仲間にとっては、ビートルズが究極の
    目標だったと思います。
    パソコンが入手出来るまでは、まるで疎遠になってしまった世界です。
    沖縄で目まぐるしい(今の杉の子さんのように?)位に寝る間を惜しんで動き回り、
    ようやく今音楽な自分の身体の一部のように入り込んでくるようになりました。
    すでに忘れた音楽・・・です。
    杉の子さんのブログで蘇って参ります。これから・・・です。
    孫の病は1万人に一人いるかいないかの珍しい病気とのこと。
    入退院を繰り返していますが、病院だと少し元気になると動き回り、周りの人の迷惑になり
    なるべく家で養生できればと願っています。
    痛みと腫れが引いて、少しは楽になったようなのですが、食べ物を入れると吐ことが多く
    とにかく、気長に対応しなければなりません。
    つい、弱音を吐きそうですが、小さい体で耐えているわけですから、大人がしんどいとは
    言えませんね。
    朝から病気の話でごめんなさい。ご心配下さいましてありがとうございます。
    昨日から降り続いた雨が止んで、日差しが戻って来たようです。

    音楽は心の襞に染み込んで、病を癒してくれます。
    楽しみ訪問させて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です