雑談

先輩 今の私があるのは先輩達のお陰です

「Sさん、飲み会の日程が決まりました、〇日〇曜日午後6:00
三番町の居酒屋〇〇でどうでしょうか ?」先般来 約束している
A社長と私そして司法書士のB先生の3人の飲み会の連絡である。

日程が詰んでいるが少しずつこなして行かないと切羽詰ることになる、

「いいですよ! よろしく頼みます」 前回は焼肉専門店その前は
もつ鍋だった、今度は魚料理でいきますかと伝えていたが社長は律儀に
覚えていたのである。

三人とも陽気な酒飲みである、又何が飛び出すか楽しみである、
B先生は将来を嘱望された有望株、A社長の会社は、県内はもとより
全国に事業展開を図る進取に富んだ多角企業、勇壮な話が出るだろう。

ところで明日は又高速道ひとり旅、今回は軽ポップスでいこうか ?

それが終わると反対の市町村に向きを変える、大規模開発の工事進捗具合を
見に行く予定、建設会社の営業担当は二日間の日程で社内旅行、

彼が帰ってから打ち合わせの約束、その後彼のくるまで現場へ、担当の司法
書士及び土地家屋調査士と合同の協議が控えている、忙しい。

というところで大事な行事を忘れていた、出身校の第〇回同窓会が日曜日に
予定されていた、大変だ ! 仲良したちが支部長始め幹事役を占めている、
先輩として欠席予定の同窓生に声を掛けて出席してもらうよう努める段取りだ。

南海ラジオのパーソナリティー やのひろみちゃんのお父さんが支部長さん、
私のポン友の義弟でもある、いつも私が縁の下の働き者、助けてやらなくちゃ!

この時ばかりは昔に返って無礼講、先輩達にも声を掛けて無理に来てもらう算段。
「お前って奴は、Sよ!・・・」この叱咤激励が聞きたくて甘えるのよ ?

「先輩! 一杯どうぞ、どうぞ ? どうぞ! 私があるのは先輩達のお陰です!」
こんな関係って、幸せと思わない ? 先輩を立てるところに人生の妙がある。

幸せは、自分自身の心構えで舞い込んでくる、明るく行こう、明るくね !?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です