行政書士

昭和の獅子たちよ 健在なり

前々から会いたいと思っていた同業者のA先生、
夕方電話を入れると、「今 帰ったところです・・・」
との返事、お邪魔することにした。

2階に在る事務所に招き入れられて、予想外の会話が
弾んだ、仕事、組織その他縦横に語り合った。

彼は、人の下に甘んじるような柔ではなく重みの有る
言葉を吐く男で定評が有る。
私と同年代、是々非々で論をはる姿勢は私好みである。

彼を取り巻く先生方は、私の今までの交友には混じり
あわなかった烈士達が連なっている、それゆえ楽しい。

彼の好意に甘えて時間の経つのを忘れた、
他の者は彼の強面に怯むところが有るが私は苦にならない
それどころか好んで飛び込む誘惑に駆られる。

面白かった・・・!
内緒話も出る、忌憚のない意見は男を磨いてくれる、
ヨイショ話に終始すれば、相手の本当の価値を見出せない、
飛び込んで腹を割るところに相手の真意が見えてくる。

昭和の男の良いところ、希少価値になった我々だが
彼の豪胆を垣間見て、ほっと胸を撫で下ろした所である。

今度一杯やりましょう!
男の笑顔に何故かしら郷愁をそそられた。

「明日は、都合で出席できません。」
彼の居ない支部総会に私は出席する。

「先輩!」 礼節を持って対処してくれるB先生も欠席、
昭和が次第に過去に消え行くのを感じざるを得ない。

昭和の獅子たちよ 健在なり !?

どんな劇場が待っているだろうか・・・?
これから、Sホテルへ向かう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です