雑談

さよならの狭間で

世の中は、いろいろな思惑を偲ばせて明日に向う、

将棋の史上最年少棋士藤井聡太四段(14)が竜王戦決勝トーナメント
1回戦で増田康宏四段(19)に勝ち、歴代単独1位となる29連勝を
達成した。

歌舞伎俳優、市川海老蔵さん(39)の妻でフリーアナウンサーの
小林麻央さん(34)が進行性の乳がんで闘病中だったが6月22日死去
された。

新しいヒーロー誕生の喜びに沸く一方で、小さな幼子を残してこの世を
去った小林麻央さん、世の中の厳しさを改めて思い知らされる。

海老蔵さんの涙が身に染みる、永遠の別れほど辛く切ないものはない。

数十年前の私達肉親の悲しみが蘇えってくる、激しい雨の降る日だった、
天が割れるかと思うほどの雷鳴が私立病院を覆った、幼子二人を残して
旅立つ姉を悼んで天が鎮魂歌を叩きつけるように奏でた、豪雨を伴って。

この近日の出来事、沢山の喜怒哀楽があったが、幼子を残して旅立つ人の
悲しみを越えるものはない、小林麻央さんの死に心からご冥福を祈ります。

親の居ない子供の人生は、寂しさに満ちた迷い道、私の周囲にも多くの
親亡き子がいる、心触れ合う後輩たちが居る、そして甥や姪が ・・・

しばし手を休めて、去り逝く人の冥福を祈りたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です