雑談

男だもの なあ! 友よ !?

忙しかった昼間の喧騒が星空の向こうに吸い込まれるように

瞬く星座の群れに溶け込んで消えた。

 

いつもの椅子に腰を降ろして物思いに沈む、

近日、故郷の友からの便りは友の闘病の話ばかりである。

 

あれほど元気だった竹馬の友たちが次々と倒れていく、

男性ばかりだったのが、とうとう女性陣にまで病気は

触手を伸ばして行く。

 

私の負けじ魂と友を思う義侠心がめらめらと炎を燃やす。

多忙な時だが、1人 2人と励ましの便りを送ることにした。

 

男達には「待ってろよ!」

女性陣には「ひとりぽっちじゃないよ ?」

 

共に曲がりくねった学校への道を通った仲じゃないか !

白い波しぶきにずぶ濡れになり泣きべそをかいたあの朝。

 

貧しい戦後の田舎は皆平等の社会だった、

お手手つないで、いちにいさん ! みんな元気だよ !

 

この歳に為ると果たして友より残ることが幸せなのか  ?

同級生で最後まで生き残った者は辛く寂しいことなのでは

ないかと思うようになった。

 

この一日 事業を立ち上げた友に・・・

「お前が最後まで残って、みんなを見送ってくれよ!」

そう伝えた。

 

彼の真面目な人柄、沈着冷静な常識人を見抜いての事なの

である。

 

「最後に残して悪いけど、みんなを見送ってくれよ。」

地元のBKで定年まで勤め上げた努力の人である。

 

最後に頭取の座を占めるのはこの生き様を貫いた彼の勲章

ご褒美だと思うしそうしてやるべきだと思う。

 

勿論、出来るだけ彼を支えて私は大往生する。

後何年か、いやいや10年20年先の話か ? そう考える

心の余裕が人生を楽しく実りあるものにする。

 

「お前って奴は !」

そう言って友を泣かせれば本望だわネ !?

 

任せなって、俺によ・・・!

桜の花がきれいだね、見事に散って見せるぜ ?

 

「男だもの なあ! 友よ  !?」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です