世界

足跡は  続いている

渦の中にいると周りが見えない、

熱気に煽られると冷静な判断力が後退する、

女性はあなたしかいないとアバタもエクボ。

 

そんな現象をあなたはどう思いますか ?

「冷静になれよ! 深呼吸をしてみな ?」

 

朝日新聞が冷静さを失っている、

そんな紙面を真に受けて我を忘れた議員達、

場外の市民、国民達はその茶番に呆れ顔 !

 

しかし、日本が不幸なのは、それを指摘し

正そうと行動する人間が稀有なこと。

 

人任せ、他人任せ、人の不幸は密の味 !

結局いつか我が身に返ることも知らないで、

よく言ったものだ、それをお花畑の人と云う。

 

人間は、国内・国外を問わず、過去を見れば

その軌跡を辿れば明日・未来が見えてくる。

 

今までどのような歴史を紡いできたか ?

その言動の足跡を辿ればこれからが見える。

 

約束 !

あの時守れなかった者に、これから信用してと

懇願しても通用しない。

 

日本の常識では、そうなのだ !

しかし、あなた方は違う、まず約束と云う言語

がないみたいだね ?

 

人の、国民の命を預かる者は、細心にも最小にも

責任感が伴う

「朝令暮改」これじゃあ信用は出来ないよね !

 

だったらどうするか ?

世界が堪忍袋の緒を切る前に、姿勢を正すこと。

「核放棄」これしかない。

 

予測不能な独裁国家も怖いが、アメリカ合衆国も

足跡を辿れば怖い国だと判る。

 

自己に取り返しの付かない災難が降りかかるなら

敢然と行動に出ることを米国の歴史は示している。

 

たとえ、日本その他の同盟国を犠牲にしてでも

アメリカンファ-ストを優先する。

 

余りに信用を落としすぎた、相手を舐めすぎた、

日本を揺さぶりすぎた、その反動はどんな歴史として

刻まれるのだろうか ?

 

黙って静かに人を騙して物を作るのなら、それは

パキスタン、イスラエル ?

 

造らないと言って多額の援助をせしめて、ある日

突然、核の恫喝なら、人は他国は寛容でいられない。

 

それっ! 潰せと騒ぎ出すじゃないですか !

やり方がへた!ある面正直過ぎる、虚勢を張り過ぎた。

 

正に、今、助け舟を出す同胞がいる、

素直に応じることをあなたのために辛酸の嘆きの民の

ために進言いたします。

 

この機会を逃したら、世界は悲惨な現実を目の辺りに

見ることになる、

日本の国会で森友に終始する議員達の顔を見てみたい ?

 

「あなた方はどんなコメントを出すのでしょうか  ?」

核の直撃を逃れ、生きていればの話ですが  !!?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です