人生

我が命死すとも

近日来の私は花粉症に魅入られながらお悔やみ、樹木の移植、
春のお彼岸の御墓参り、その合間を縫って種々の打ち合わせ、
携帯とメールが交互に行き交う!

今日も見事なピーカンの元つい先ほどまで奮闘していましたが
やっと一息ついたところです、

近隣の公園、巨大日曜品店舗は何処も駐車場は自家用車で満杯、
不景気どこ吹く風、幸せを満喫しているようです、私も裾分け
に預かりたくて出向いた次第です。

着信履歴、メールが数件入っている、明日の月曜日を待ち侘びて
掛けてもらったのだろう、有り難いことである。

それぞれ、携帯ではなくメールで返事を差し上げた、
私は直言偏屈人、腹に溜めずに表に出すから結構反感を持たれる。

まあ! 政治の世界の揚げ足取りや、近年激しくなったマスコミの
政権打倒の為の誇張、捏造の類いとは違い、影響力のない身ゆえ
お許し願いたい。

私の元にもお節介焼きの人は現れる、他人の誹謗中傷だが、私は
あえて聞く、大の大人がわざわざ言い揚げに来ることなのかと
違和感を覚えるが、

人それぞれ、しかし真に受けない、私の経験で、言われる方が誹謗
中傷の被害者だったことがあるからである。

昨日もある人の話をわざわざ電話で言いつけて来た者がいる、

国際的に日本に危機が迫ると言うに、身辺の我が身だけに汲々と
する人間に興味はない、天下国家を論じない者に私の興味と関心
が向くことはない、申し訳ないが !

両者!あい見合って? どちらが正論か ?
良識ある指導的立場の人は、余裕を持って眺めていて欲しいもの
である !

侵略者に黙って我が命を差し出すお花畑になりたくはない !
我が身死すとも我が子孫に塗炭の苦しみを負わせる訳にはいかない。

我が命死すとも” に2件のコメントがあります

  1. 杉の子さん。

     二度コメントを入れましたが、機械の不具合だったと知り、安堵いたしました。
    もう一つのコメントは、行方不明ですね。

    「侵略者に、黙って我が命を差し出すお花畑になりたくはない 」
    同じ気持ちで、毎日過ごしています私は、どこですれ違ったのかと、少し心配しておりました。これからも、どうかよろしくお願いいたします。

  2. onecat01さん、
    世界情勢は風雲急を告げております、
    ロシアによる蛮行と各国政府によるロシア外交官の追放、
    北朝鮮要人の電撃的中国への訪問は米朝首脳会談との関係に何をもたらせる
    のでしょうか ?

    一寸先は闇、なのに日本では相も変らぬ森友 ?
    こうなりますと、敢えて日本の関心を国内問題に留めて反日国家から目を
    逸らさせる日本崩壊への序曲、

    私の周辺でも外国からの危機に無頓着(実は分かっていて?)手合いが多い。
    確信犯への強権手法も日本を守るために必要な時が来たのかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です