友情

ご苦労様でした  定年退職

庭の手入れを済ませて郵便ポストを覗いてみた、
数枚の郵便物の中に懐かしい人の名前が印刷されていた !

「この店は、僕の青春でした !」
私が店を閉店する時泣いてくれた好青年だった、
T・Y君、忘れられない男の名前である。

私の母校を卒業するとJAに入所し間もなく先輩達につれ
られて来店したのが彼との最初の出会いだった。

無邪気で明るい男だなと好感を持った、初対面の印象通り
彼は私が店を閉じるまでお客さんとして付き合ってくれた、
入所して42年経過した今春、定年退職を迎えたのである。

私が松山、東温市へ転居してからも変わらず交友は続いて
来た、子供達も独立、結婚して定年後は長年の垢を落とす
と笑っている。

明るくて素直な性格は上司の覚えもよく大きな支所の所長
を任されて無事定年退職を迎えた。

私がかけた電話の声が明るく弾んでいることに私は何より
嬉しく思う、好漢 ( 好感 ) Y君 ! ご苦労様でした。

今度機会を作りますのでゆっくり語り合いましょう !
母校のヒマラヤ杉の下、無邪気な卒業生の第二ラウンドが
青空の元、スタート致します。

天真爛漫、陽気なその性格は、御両親の人柄が偲ばれて
余りある。

国内大手企業社員に嫁いだ娘さんは可愛い孫をプレゼント
してくれた、好々爺! 彼と交わす盃が待ち遠しい。

春の陽気が今朝迄の冷気を押し退けて重信川に腰を降ろした、
Y君の新たな門出を祝って舞台を整えてくれたのである !?

 

川之石高等学校校歌

「T・Y君へ贈る」

作詞 吉田速水

作曲 信時 潔

1.なみいく重 けぶれるかぎり

佐田岬 瑞の垣なす

天霧はゆる 出石ほのかに

雲はゆる 青き丘のべ

ふかき真を きわむるところ

あヽ わがまなびや

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です