人生

何故 ?  その言葉  もういらない

悲しい子だった、

「ほかの友達にはお父さんがいるのに僕には何故いないの ?」学校から帰ったその子の頬に、涙の後が滲んでいた。

母は、黙って子供の身体を抱きしめた 「ごめんよ !」明るく振舞う母は、障子の陰に隠れて涙を拭った。

子供2人母1人、物寂しい夕餉の膳に贅沢な品はなかった、「お父さんが居れば !」子供の愚痴を聞くほどに母は胸をかきむしられた。

やがてお姉ちゃんが母の痛い胸を知るようになる、それからだった姉弟の口から父を乞う声は聞かれなくなった。

夏の日のその家庭に蚊取り線香は無かった、田舎の畦道には所々に水溜りが在る、子供達にとっては格好の遊び場も、その子の家にとっては困った蚊の産卵の場所だった。

その子は物静かな子供になった、母の愛情は姉弟に分け隔てなく注がれた、父の不在の理由は子供達にとって禁句、母の顔が曇るのを幼い頃に見ていたからである。

ふたりの子供は高校を卒業すると東京と京都に別れた! 私は永い間、同級生の還暦旅行まで姉弟の消息を知らなかった。

その姉と私が同級生だったことで、数十年の歴史が紐解かれる、姉から届いた手紙には、人生に悔いのないことが記されていた。

ここには「ありがとう !」の感謝の言葉が綴られていた。

弟の消息が知れて感激の再会が訪れた、人生の悲運に見舞われた男、彼はよくぞ耐えたと思う、その笑顔に曇りは無かった。

都会のビルの谷間、人情紙風船の荒波に彼はけして負けなかった、「何故、僕にはお父さんが居ないの  ?」

「何故あの子は ?」子供の頃に呟いた淋しい言葉が、まさか今の自分に返って来るとは !

悲しみを隠して 否 忘れようと務めた健気さ、再びの笑顔を取り戻した彼の横顔を、私は万感の想いで眺めていた。

「よく頑張ったな !」云いたくても、託したくても言えない励ましの言葉、 男って奴は、男って奴は ! 切ない !

あの少年の日にまみえた彼の幼顔が、私の涙の向こうに霞んで見えた !

姉弟があれほど恋い焦がれた父は、長患いの治療を終えて故郷に帰郷した、私との出会いがそこで為された、父は教養のある素晴らしい人だった、私は薫陶を受ける事に為る。

彼ら姉弟にとって逢いたかった父である、人生の終わりに再会を叶えるこの幸運は、人の世の不思議を思わされた、真面目に生きた証である。

その後、彼らは力を合わせて愛する父母を看取って、あの世へ見送った、私に人の情を教えて頂いた大恩有る人である。

彼の名、私が愛すべき後輩の名は、Aと言う、 純真な遠い日の思い出。

「今度は、膝を交えて呑もうな !」

通天閣の灯が、再会を祝して 瞬いていた。

「ブラボ- ! グッドラック !?」

 

何故 ?  その言葉は   もういらない

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です