日常生活

人生順送り

良い天気に恵まれた昼下がり、
久しぶりの友に誘われて喫茶店に入った。

「Sさん、人間の心とは儚いものですね、ほとほと
疲れました、」
彼は、大きなため息をついておしぼりで顔を拭った。

私は、思わず視線を止めた、
「また、どうしたね ?」

「ふう!」 余程気落ちしたのだろう、また ため息、
「期待する方が無理だよ、人間は裏切る動物、そう
思って付き合わないとやりきれんよ !?」

「そうかな?」 まだ、納得し難い風だったが、
ウェイトレスが来たので会話を止めた。

「美味いコーヒーでも飲んで気分転換・・・」
彼は、ようやく安堵の表情を見せた。

所詮、人間と言う生き物に完璧を望む方が無理、
いつかは、裏切られると思っていれば気が楽、
私の長年の経験則、勿論寂しい事には違いないが。

しかし、統計的に裏切る側のその後を見れば見える
ものがある、
決して穏便な人生を送っていない事が分かる、

彼にしても「嫌で、話もしなかった相手をなりふり
構わず取り込みやがった、用心しなよ!」
この陰口がついて回る、
結局、どちらが得したのか? おいて知るべしである。

だから派閥が代わっても要職につく事はない、
逆に誘った方はその不義理を見ているから尚用心する、
結局、用が済めばお払い箱、使い捨ての憂き目にあう。

これは、もうどうしょうもない、身から出た錆、
人間の悲しい業の成せる技。

と言う事で、後は、奴さんの好きな酒の話に移った、
「今度、◯○酒造から吟醸酒が出たよお前さんの好きな
辛口だ! 一杯やろうか ?」

途端に、打って変わって目尻が下がった、
(いわないこっちゃ !)

(だから、軽く見られるのよ、騙されるのよ ?)

しかし、大切な事がここに・・・
今だかって人を騙した事のないのがこの男の良い
ところ、
見る人は見ている、損して得を取る。

世の中、トータルで見ると、よくしたものである。
腹を隠して寄って来る、囁き屋さん、
あんたの命運も底を突く噂がパッと拡がっているよ、
気をつけろ、振り込め詐欺と、ささやきくん ?

世の中は、順繰りに廻っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です