広告
世界

仏の顔も

仏の顔も三度まで 「仏の顔も三度まで」とは、  どんな温厚な人間でも何回も無礼なことをされると怒り出す。 どなたにもそんな経験はおありでしょう、もちろん私にもあります、唯、歳を取るほどに、経験を積むほどに、怒り… もっと読む 仏の顔も

世界

人間とは・・・

暑い陽射しの午後、一仕事終えた私は巨大駐車場に車を止めて涼を求めている、何事もないように雲が青空に漂う。 人間とは理解のできない生き物、どうしょうもない横着もの、残念だが私はそのように見直している、どうしょうもない馬鹿 … もっと読む 人間とは・・・

世界

なみだ雨

なみだ雨 「戦争犯罪を問われないのではないか?」ウクライナを擁護するNATO陣営へ突きつける無責任なマスコミ論調。 そんなことある訳ないではないか?ロシアプーチン政権は民間への凄まじい攻撃を止めようとしない、不謹慎だが今… もっと読む なみだ雨

世界

核の無力化

核の無力化 自堕落な親の元に育った子供達は将来どうなるか   ?幼少期からわがままで他人の痛みを感じない性格になるのは必然の範囲である。 その子供に触れ合う周囲の子供達こそいい迷惑だ !幼少期の私の近くに戦後朝… もっと読む 核の無力化

世界

逆も真なり

先制攻撃と先手必勝 ウクライナの悲惨な戦争はロシアの先制攻撃から幕を開けた、世界がまさかと恐れていた中で始まった、独裁国家らしい身勝手な倫理から。    そこで思い出すのが若い頃の田舎町での男たちの戦いである、其処には幾… もっと読む 逆も真なり

世界

審判 !

昼下がりの午後、小さなその公園は子供づれの家族が桜の樹の下で嬌声をあげていた。 気だるい暑さと陽光の中、窓から公園の風が程よく涼を感じさせて頬にそよいでいた。 聾する蝉の声が、それでもまだんなく降り注いで夏の到来を予感さ… もっと読む 審判 !

世界

固唾を飲んで

固唾を飲んで 人の子 どんな悪い人間でも産んでくれた父と母がいる、どんなに残忍な指導者であろうと産まれてすぐ悪党にはならない。 育って来る環境と体に触れる自然界の諸々に自己変革が起きる、当然、性格その他影響されること に… もっと読む 固唾を飲んで

世界

雲流れる果てに

雲流れる果てに こどもの頃、田舎の映画館で観た日本映画である、戦争の儚さ惨たらしさ、兵士たちの虚しさを目に焼き付けられたものだった。 人間とは反省も学習もできない生き物、あの時代に感じた虚無感が全くそのまま時代を経過して… もっと読む 雲流れる果てに

広告