広告
人生

黄昏に  萌ゆ

黄昏に 萌ゆ 木枯らしが遠慮気味に吹いていた、襟を立てる人々に気兼ねして、ここ大阪は友が骨を埋めると決めた街、中学を卒業して集団就職列車の旅は心細かった。 ガラス窓から後ろに消える街のたたずまいが切なかった ! これから… もっと読む 黄昏に  萌ゆ

人生

祈り

「ゆるしてください もう しませんから 」 習い始めた五歳児が書く文字でしょうか ? そのことを思っても、胸がかきむしられる !暖房もない、明かりもない部屋で書かされるこの子が不憫でならない。 一才の弟は溺愛される、その… もっと読む 祈り

広告