広告
友情

命 愛しきもの

その女性はハニカミながら微笑みを見せていた、それは彼女が19歳の春のことだった。 私の思い出のポートレートの中に楽しい語らいの姿で収まっている。 「Kumlちゃん !」 私はそのように呼びかけた。 長い月日だった、彼女は… もっと読む 命 愛しきもの

広告