広告
世界

春日和にて

世界情勢に目を奪われて、ロシアのラブロフ外相の言葉に耳を疑う、女子子供達への爆撃などやっていないと言うその神経である。 知事を経験した東国原英夫氏が匙を投げるほどの厚顔無恥、大統領がそうなら側近も同じか、お里が知れると言… もっと読む 春日和にて

世界

柔道の精神

プーチンさん1人のためにどれほどの人々が迷惑を被っているか計り知れない、それも数えきれない死者の屍が続いている。 NATOの構成員でないとの理由でアメリカ、NATOの軍事力行使が伴わない、しかし一方的に侵略され蹂躙される… もっと読む 柔道の精神

世界

不毛の論争 !

不毛の論争  ! 世界の中の日本   日本の生き残る道 混沌として明日の見えない現在、ウクライナ問題は暗闇の中に進んでいる。 もうこんな風景は先の戦争を知る一握りのお年寄りだけになった、だからこそ現代… もっと読む 不毛の論争 !

世界

人間、愚かなり

ロシア軍のウクライナへの侵攻、首都キエフへの無差別爆撃、同じ兄弟国でありながら、よくぞここまでやるものよ  ?さすがプーチンと私の腹は煮え繰り返る。 まずKGBたることが気に食わなかった、スパイの本山にして元締… もっと読む 人間、愚かなり

世界

言い訳

言い訳 徳永英明の歌に  ♪ 最後の言い訳 という秀作がある。 女性以上の女性らしさ、権利を履き違えた近代女性に聴かせてやりたい徳永英明の歌詞とメロディーややもすれば女性に気疲れする気の弱い私であるが、たまに徳… もっと読む 言い訳

世界

ふたりの男

数十年前の男が前にいた、 何事にも自信無げに、しかし心構えだけは失ってはいなかった。 心で泣いて顔は笑っていた、厳しい掟に彼は必死に耐えていた。 昭和が終わりを告げる10年前、彼の姿は松山の地に在った、彼が故郷を後にした… もっと読む ふたりの男

広告