広告
日本

青空が眩しい

青空が眩しい 人々の様々な思いを乗せて令和は日々を刻む、社会の移ろいの中に個人生活は埋没する。 朝一番懐かしい人の声で目が覚める、 以前から約束していたお茶会は、久しぶりの喫茶店で実現する事になった。 この歳になると人生… もっと読む 青空が眩しい

日本

こどもの日に

貧しい戦後の日本、特に復旧の恩恵から見捨てられた田舎では、日々食べるこに汲々としていた。 5月5日のこどもの日に鯉のぼりのあがる家はごく僅か、殆どの家の子は鯉のぼりのあがる家を見て子供の日をを自覚した。 日本から、昔懐か… もっと読む こどもの日に

日本

令和への思い

令和への思い 昭和生まれの私は平成に変わる時、故郷を捨てる寂しさに襲われた。 生まれ故郷が遠ざかる、永遠に元に戻らないと云う悲しみだった。 故に平成に馴染むのが人よりも遅かったほどである、 勿論、今は平成に愛着がわきこれ… もっと読む 令和への思い

日本

前え !

個人同士の人間関係も国対国の縮小版だと気がつく、共にお人好しは損をする、特に日本人はバカを見る。 自己主張の強い欧米人、現代では中国、朝鮮半島が顕著になった、謙譲の美徳は過去の話、相手を思いやる日本独特の控え目は特に損な… もっと読む 前え !

広告