広告
友情, 思い出

望郷 片山町

どうしてこんなに私は人との出会いがあるのだろう、昨日今日知った人なのに数十年来の友達の様なのだ。 ブログ友達のNさん、元建築会社経営のIさん、この御二方は私より1 級下、肌が合うというのか以心伝心。 2人とも本当は喧嘩早… もっと読む 望郷 片山町

友情

事なかれ主義

ことなかれ主義 言葉をかえれば無責任人間と呼ぶのだろう、周囲には結構いる、学歴社会、拝金主義の時代だから尚、増えてきたとも言える。 日本古来の伝統、人情主義が音を立てて崩れた要因である、「お前は、ことなかれ人間やの&nb… もっと読む 事なかれ主義

友情

虚無感 我は

虚脱感   我は 青空さえも虚しく感じる 仲良しの友の死は 虚無感に苛まれて連休を終えた。 ただボォッと 友の言葉を追いかける 甘平のお礼の返事に 回復への意気込みがあったのに。 それから僅か後 予期せぬ友の死… もっと読む 虚無感 我は

友情

男涙の天王寺

男涙の天王寺 戦後の寂れた海辺の村で私は育った、日本中が一様に貧困に喘いでいた時代である、村の収入といえば記憶にないが蚕の成育、小さな村に似合った小さな工場から得る女性たちの日当が家計を支えていた。 男達は昼間は狭い段々… もっと読む 男涙の天王寺

広告