広告
友情

命 愛しきもの

その女性はハニカミながら微笑みを見せていた、それは彼女が19歳の春のことだった。 私の思い出のポートレートの中に楽しい語らいの姿で収まっている。 「Kumlちゃん !」 私はそのように呼びかけた。 長い月日だった、彼女は… もっと読む 命 愛しきもの

友情, 行政書士

男の我慢

土曜日と日曜日があっという間に通り過ぎた、冷気は頬を撫でるものの見事な青空が空を覆う。 貴重な休日にもかかわらず自分の時間はどこに行ったのだろう   ? しかし確実に言えることは人の為に時間を割いた、人の悩みに… もっと読む 男の我慢

友情

泣くな 負けるな

爽やかな朝を迎えて、良いことありそうな予感がした。 女性を交えたお茶会の打ち合わせのため、竹馬の友Sへ電話した、もちろん同級生の女性軍とのお茶会の打ち合わせである。 彼は既に確定申告を済ませている、優良納税者にであること… もっと読む 泣くな 負けるな

広告