広告
友情

虚無感 我は

虚脱感   我は 青空さえも虚しく感じる 仲良しの友の死は 虚無感に苛まれて連休を終えた。 ただボォッと 友の言葉を追いかける 甘平のお礼の返事に 回復への意気込みがあったのに。 それから僅か後 予期せぬ友の死… もっと読む 虚無感 我は

友情

男涙の天王寺

男涙の天王寺 戦後の寂れた海辺の村で私は育った、日本中が一様に貧困に喘いでいた時代である、村の収入といえば記憶にないが蚕の成育、小さな村に似合った小さな工場から得る女性たちの日当が家計を支えていた。 男達は昼間は狭い段々… もっと読む 男涙の天王寺

友情

逢いたい !

お前に逢いたい 人間関係に飽きが来て、人恋しさなんかあるものか、なんて贅沢言う男がいる、しかし、それは強がり本当は人恋しくてたまらない。 「Sさん! 今度帰る時は前もって知らせてよ、昼間は山で畑仕事しているから夜電話して… もっと読む 逢いたい !

友情

歯車

歯車 小さな歯車が大きな歯車を回しながらものは動く、何気ないこれらの動きだが物凄ことを成し遂げている。 私はひとりの男を思い出していた。 ケレン味のない実直な奴、他の奴にはない存在感で中学柔道では八校へ進んだKと双璧をな… もっと読む 歯車

広告